デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

思考は言語に操られている!?~度肝を抜く!言語相対性仮説!~

言語と思考の関係性における仮説として「サピア・ウォーフ仮説」というものがあります。

これは「言語相対性仮説」とも呼ばれています。

 

この仮説は、「言語の形式」が「思考の形式」を規定するという言語的決定論を前提とし、外的事象の認知的処理は言語体系によって規定されている、というものです。

つまり、我々の認知機能は、言語に依存しているという仮説なのです。

 

例えば、イヌイットには日本語の「雪」に対応する言葉がなく、その代わりに、雪の状態を表す言葉が何種類もある、ということが挙げられます。

言語により、我々が「雪」と認識している事象の捉え方・認知の仕方が異なるのです。

また、虹の色の数などもよく引き合いに出されます。

当該言語が有する「色」という概念の数により、その言語ごとに、虹の色の数が変わってくるのです。

日本語において、色という概念の数がもっともっと多ければ、虹は7色ではなく、10色にも20色にもなったかもしれません。

 

このように、それぞれの言語の体系・構造により、同じものを認知するにしても、全く変わって捉えられてしまうのです。

 

我思う、ゆえに我あり

と言ったのはデカルトですが、ここにも「サピア・ウォーフ仮説」が妥当するのではないかと思われます。

 

デカルトに関わらず、その言語において、「主語」を抜かすことができないという性質を持つ言語があります。

身近な英語もそのひとつです。

英語では、天気を表す場合にも「It is fine,today.」と、「形式主語」としての「It」を持ってきます。

このように、主語が欠かせない言語体系の中における事情を考えてみます。

 

デカルトの先の言葉は、「全てを疑って疑って疑い続けてみたら、全てを疑い得た。しかし、この疑っている自分の存在だけは疑い得なかった」というところから出た結論です。

このように、主語を必須とする言語体系の中で上記のように物事を考えると、例えば英語ならば最終的に主語の「I」が残ります。

つまり、全ては疑い得ても、その疑っている主体である「I(わたし)」の存在は疑い得ない、という結論に落ち着く可能性が高いのです。

この点、主語を特に必須としない日本語で上記の例を考えると、また違ってきますよね。

主語なんてなくても、世界は存在し得るのですから。

 

このように、日常何気なく使っている母語のことをよく考えてみたら、他言語の文化圏の考え方との相違などが明らかになってきて、異文化理解に繋がるのではないでしょうか。

単純に、面白いですよね。

 

オイラは詩を書いていた時期があって、本なども出版していたのですが、ある時、オイラの本を英訳して欧米で出版しよう!という企画が立ったことがあったのです。

で、実際に帰国子女の英訳者の方と色々話し合ったのですが、その結果、「こら無理やわ・・・」という結論になり、この話はお流れになりました。

 

オイラは大阪人なのですが、作品の中で、自分を表す言葉として意図的に「俺」「僕」「自分」「オイラ」などと使い分けていたのです。

また、相手を表す言葉として「お前」「君」「アンタ」「テメエ」「自分」などと、これまた使い分けていたのです。

その他、大阪弁の詩が多くて、例えば「あかんあかん、さっぱりわややがな」などと言った、日本人でも分からないような言葉を使っていたのです。

そうなると、もう英語ではさっぱり訳せません。

英語だと「I」は「I」ですし、「YOU」は「YOU」です。

「さっぱりわややがな」なんて、概念自体存在しません。

なもんで、「これは無理やな」ということで、英訳されずに終わりました。

 

そんな感じで、知らず知らずのうちに母語に思考が規定されているということがままあるのです。

方言なんかでも結構そうですよね。

考えて行けば面白い話です。

 

もし何かで考えが行き詰ったら、一度ご自分が使われている言語から離れて考えてみられたらいいかもしれません。

「言語からの自由」!

ええ感じちゃいますかね?

 

 

ということで、今回はこの辺で。

また何か書きますので、参考になれば幸いです!

 

 

今日も心理学の講義を一コマ潰したのですが、まだまだ先が長くて大変!

16日から秋学期が始まるので、なかなかに必死の状態ですよ。。

負けずに頑張ります、そして楽しみますので、皆さんもパンク魂で日々を楽しんで乗り切って下さいね!

 

↓こちらも宜しくです!!!

 

mahal8606.hateblo.jp

 

阿呆な事、書くよ。

 

 

 ↓ヤバいことも書くよ。

mahal8606.hatenablog.jp

 

 

 

 

では!