デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

消したい消せないワンダフルTV~「議題設定効果」というブレイン・コントロール~

今日は1時間半ぐらいの睡眠なんだけど、何とか起きてるよー!!!

今日を機に、生活リズムの立て直しを図るよ!

巻き返しを図るから、よーく見とけって気分さ!

 

 

議題設定効果というものがありますっっ!!!

議題設定効果とは「メディアが伝達する情報の量に基づいて、受け手が事態の重要度を判断すること」とされます。

 

単純な話、新聞の一面を飾った事件は、受け手にとって、社会的に重大な事件だと捉えられ、新聞の片隅に小さく載っている事件は、受け手にとって、さほど大きくない事件だと捉えられる、という訳です。

 

考えてみれば確かにそうで、どんなでっかい事件でも、新聞の片隅に小さく結果だけが載っているような場合には、受け手としてみたら、「ああ、こんな程度の事件ね」ぐらいにしか捉えらえないってのは普通にあることかと思われます。

 

一方で、さほど重要な事件でもないのに、一面にでっかく載ってしまうと、受け手としたら、めちゃくちゃでかい、重大な事件だと認識してしまうってのも、またあることかと思われます。

 

この理論は、究極的に何を意味するか。

それは「マスメディアによって、事件の重要度についての情報操作が可能になってしまう」ということです。

 

Mさんという、殺人と傷害致死を数件行った人がいます。

この事件はめちゃくちゃデカいです。

実際、裁判では、検察側は死刑を求刑しました。

最終的な結果は、無期懲役になりました。

それでも十二分にデッカイ事件です。

 

しかし、それを報じた新聞は、最終面にチラッと結論だけが載っていました。

(オイラが見たのは産経新聞です)

なので、社会的にはでっかく重大な事件にもかかわらず、世間的にはさほどの話題にもならず、そのまま終結してしまいました。

 

そんな感じで、マスコミの扱い方によって、受け手としての我々は、事件の重要度を無意識的に判断してしまうということが日常の中で起こる訳です。

 

ほんと、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、その上でしっかりと考えてから結論を下したいものですね。

こんなご時世ですから、特にね。

 

 

 

そんなこんなで、今日も最高に楽しんでいるさり&みさでした!

 

 

 

 

 

 

あいわなびーみー。

 

 

以下も宜しくです!!!

 

mahal8606.hatenablog.jp

 

 

 

mahal8606.hateblo.jp

 

 

 

 

 

あいわなびーみー。