デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

本当に自分が欲するものは?~マズローの欲求階層説~

事件・・・事故・・・パパは・・・ニュース・・・キャスター・・・


マズローという人間性心理学の人がいるんだけど、この人が「欲求階層説」というのを唱えたんだよね。
人間の欲求を5段階に分けて、低次の欲求を満たしてはじめて、次の高次の欲求が現れる、というもの。

以下、その5段階の階層を、下位の欲求から書いてみます。
・・・これ、どっかにも書いたんだけど、改めて・・・、

①「生理的欲求」:生命を維持するための欲求。食、水、睡眠、排せつなど。

②「安全の欲求」:身の安全に関する欲求。

③「所属と愛の欲求」:何らかに所属し、愛されることへの欲求。

④「承認の欲求」:他者に認められ、承認されたいという欲求。

⑤「自己実現の欲求」:自己の可能性を純粋に追求することへの欲求。

と、いう感じです。


この⑤の「自己実現の欲求」は、ごくごく限られた一部の成功者にしか生じない欲求です。
パッと考えつくのはイチローぐらいでしょうか。
イチローでも、もしかしたらギリギリかもです。
それぐらい限られた人のみが辿り着ける階層です。

このマズローの欲求階層説は、ビジネス書や自己啓発書なんかによく登場しているようです。
特に、⑤「自己実現の欲求」については、よく書かれているそうです。

でも、⑤「自己実現の欲求」は、先ほども書いたように、①~④の欲求を完全に満たした、ごくごく限られた人のみが持ちうる欲求です。
「会社内で出世する(社長になることが目的であったとしても)」ことや、「起業をしてやりたいことを追求する」といったことでも、全然足りません。

もっと言えば、お金を稼ぐ必要がある状況にあれば、もうそれだけでダメです。
少なくとも、ティッシュにするほどのお金を持ってないとダメです。

このように、マズローは⑤「自己実現の欲求」を厳しく制限的に考えていました。
ですので、ビジネス書や自己啓発書にこの学説を載せてる時点で、とんだお門違いであり、マズローのことを分かっていない証拠なのです。


かつてのオイラの「上司」がビジネス本や自己啓発書が大好きオッサンでした。
で、そこに載っているマズローなどの心理学に関する知識を、知ったかぶって開陳してくるのです。
情動に関する「ジェームズ・ランゲ説」なんかも載ってたようで、それも知ったかぶって語りだす始末。

知識を正確に身につける必要性を実感しましたよ・・・。
同時にビジネス書や自己啓発書の浅はかさも感じましたよ・・・(';')ホントウ?


承認欲求を満たしてもらいたくてウズウズしてる人も沢山いると思います。
しかしよく考えてみたら、それ以前の段階の欲求を満たせていない場合も多々あると思うのです。

本気の本気で自分を分析してみたら、今まで知らなかった(無視していた、若しくは抑圧していた)自分の欲求が見つかるかもしれません。
見つかったら、今までのように無理することなく、その欲求を満たせるような行動を、少しずつでもとってみたらいいかもです。

承認欲求は、歪な形で発現することも多いので、そんな気分になったら一旦落ち着いて、自分を見直してみてください。
下位の欲求がまだ満足されていないような状況の時に、その代替として発現することがありますが、それが一番怖いので、どうぞ気を付けてください!


ということで、今回はこの辺で。
性懲りもなくまた来ます!

苛立ちから?
それとも本能から?






それでは、一旦じゃーね!