デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

フロイトの精神分析による精神症状除去の仕組み。

フロイト精神分析では、心を「意識」「無意識」「前意識」の三層に分けます(局所論)。

「意識」は字義通り、人が意識できる部分。
「無意識」は、思い出そうとしても思い出せない部分。
「前意識」は、普段は意識に上らず、無意識の中にあるが、思い出そうとすれば思い出せる部分。

人は、嫌なことや辛いことなどを、無意識の部分に「抑圧」し、意識から遠ざけることによって自己を防衛します。
しかしそれこそが精神症状の原因であり、その治療としては、無意識下に抑圧されたものを意識化させるという作業を行います。
その方法が「自由連想法」(寝椅子に横たわりながら、頭に思い浮かぶことを選別せずに話していく)という手法です。

そこでは、言い淀みや口に出すことを拒否することもあり、それを「抵抗」と呼びます。
治療者は、クライエントにそれに直面させ、解釈を与えることによって、症状を解消させていきます。

また、フロイトは、心を「イド」超自我」「自我」の三つの構造で成り立っていると想定しました(構造論)。

「イド」は、快楽原則に従う、リビドーの源泉です。あらゆる欲求を突き付けてくるものです。
超自我」は、道徳原則に従い、イドの欲求を検閲し、道徳的規範に従うようにしていきます。
「自我」は、現実原則に従い、イドと超自我、そして外界を調整し、現実に沿うようにコントロールします。

これらの「せめぎあい」を、精神力動と呼びます。

これらのバランスが崩れることもまた、精神症状を発症させる原因だと考えました。
そこで、「自我」を強化することにより、心的均衡を保つことができるようにしていきます。

精神分析は、エビデンスが薄いので、現代の臨床心理学では低い地位にあります。
もっとも、効果に関しては、メタ研究が進められており、一定の効果があることが証明されつつあります。

現在、臨床の現場で最も使われている療法として、行動療法や認知行動療法があります。
これらはエビデンスもしっかりしており、効果も明確に証明されています。
ただ、これらの療法は、対症療法的であるとして批判を受けることもあります。

対して、精神分析は、無意識まで遡ることにより、根本治療が目指されるという利点があります。

精神分析療法や精神分析心理療法にじっくりと取り組めば、多くのことを気付くことができ、症状の除去のみならず、トラウマチックな問題などの根本的処理が期待できます。

臨床心理士によって使用する心理療法は様々です。
ですので、相談機関とよく相談して、自分に合った心理療法を受けることが大切かと思われます。
精神分析も、大きな一つの選択肢です。



ということで、今から夕飯を食しますよ!
腹減ったー・・・(';')ダイジョウブ?


また来ますので、宜しくお願いします!









毎日八時。