デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

臨床心理学の悶絶(安かろう悪かろう)

昨日少しだけだけど勉強を再開したら気分が良かったよ!

シックオンユー!(にゅう)

なので今日も少しだけだけど頑張ります!

 

先のことは分からないんだけど、とりあえず勉強だけは少しずつでも続けようかと思っております。

俺もなんかやってないとなぁ、ほんまに。

 

ロジャースの「クライエント中心療法」の効果は、研究の結果、認知行動療法と変わらないほどに有効であるらしい。

 

クライエント中心療法において、セラピストの三条件として、

①自己一致

②無条件の肯定的配慮

③共感的理解

というのがあるんだよね。

 

これは今ではどの派においても共通して要求されるセラピストの態度となっています。

この態度で臨みつつ、技術的にはオウム返しなどをしていくんだけど、その効果が認知行動療法と同程度に高いということが証明されているんだよね。

恐るべし人間性心理学・・・。

まあこの三条件を満たすのがとても難しいんだけども・・。

 

オイラは精神力動系に関心があるんだけど、かなり難しい。

認知行動療法ならかなりパッケージ化されているので、まあ言うほどの当たりはずれはないみたい。

効果もかなり高いので、認知行動療法はマスターしとかなあかん。

ブリーフセラピー的にやるとしても、それでも精神力動系は難しい。

 

オイラ、これから先、どうなるのだろうか・・・。

革ジャン被って出直しだー・・・。

今は、ルイスレザーのコルセア(タイトフィット)を被っておりますよ。

 

もう少し遊んでから、本読みの続きでもしようかと思います。

眠くなってきたけど・・・(アイガッノーマニー)

 

 

湯気、の