デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

正確な状況判断のために【宣誓!!】

今日は朝早く起きられたので、超久々に心理英語の勉強をしていーるよ!

フィーリングでは読めるんだけど、全訳となると大変な騒ぎに・・・焚きつけられた心の青い火誰が癒してくれるうう・・・。

 

今日からオイラは勉強しかしない男になるのさ!

もうあれもしないこれもしないなにもしない絶対しない!

宣誓!!

マインドアサシン!!

 

心理学で書くネタもなく、ダラダラ話ばかりなのでアレだろう?アレなんだろう??

しかーし!!

オイラはやるのさ書くのさくうだらないことをね!

 

「基本的帰属の誤り」についての英論を読んだよ。

帰属理論の所。

他者の行為について、観察者はその行為を、当該行為者の内的属性に帰する傾向があります。

例えば、荒っぽい行動をしている人を見たら、その人は荒っぽい性格なんだな、という感じで。

それがたとえ、いかなる人においても荒っぽく振舞ってしまうような客観的状況があったとしても。

まあそんな感じはしますよね。

 

同じく、帰属理論において、「自己奉仕バイアス」という理論があります。

これは、、自分の成功は内的帰属を、自分の失敗は外的帰属をしてしまいがち、というもの。

自分が成功したら、それは自分の能力によるもの、などと自分の内部の要因に帰属させがち。

自分が失敗したら、それは運が悪かった、などと外部の状況に原因を帰属させがち、というもの。

 

こういった要因があるということを知っておけば、より的確で正確な状況判断ができます。

ご参考までに。

 

これからまた心理英語の勉強をするよ!

オイラはあれもやらないこれもやらないなんにもやらないんだ!

勉強ばかりし続けるのさ!

あれのためにね・・・。

宣誓!!!

「しません!!!」

 

革命を起こしちゃったりするぞ!

(奴ら色んな手でお前を阻むのさ)

 

 

また来るよ!