デッドロック心理学。

心理学、臨床心理学についてのモゾモゾした雰囲気。

承認欲求のお化け【何でもできて何も成せない】

深夜今夜。
我らはバンドの練習をし、ています!

今度の曲は、僕とみささまとで半分半分ぐらい歌うパートがあるのです。
僕は上手く音程がとれないし、高いパートも声が出ないので、とても苦労をしています、、、(;´Д`)
歌いながら弾くベースも、とても難しいので、今まで以上の頑張りが必要(hituyou)なのです!

まだまだ練習が必要(hituyou)なので、この曲はさすがに今夜の内に録音することはできませんのです、、、(:_;)
我らのパンクアンセム的な曲なので、必死で頑張ります!!

**************

そして例によって例の集団のことなのですが、、、

思うに、例の集団は、「自殺抑止」を目的とすると謳っていますが、本当のところは、自分たちの集団に「依存」してくれる人が出てくることを待ち望んでいるように思えます。
「自分たちが必要とされる」状態を渇望しているように思えます。

自分たちに、継続的な「承認欲求」を充たし続けてくれる人が、喉から手が出るほどに欲しいのだと思われます。

その結果、待っているのは、自分たちと当該相談者との間で生じる「共依存」状態です。
何よりそれが欲しいのだと思われます。

現実問題として、何も知らないずぶの素人が、精神疾患を持つ人、しかも「自殺志願者」の相談に対して的確に応じられるとは到底思えません。
常識的に考えて。

とにかく彼女らは、自己の承認欲求を満たしたくてたまらないのだと思います。
その為には、「共依存」関係になれる相手が必要になる訳です。

万が一、本当に「自殺志願者」が相談をしてきて、まともな対応ができずに、その人が実際に自殺をしてしまったら、どうするつもりなのでしょう。

その集団の「代表」は、「『自殺志願者』の人生を背負う」ことを目標とする旨言っているのですが、どう「背負う」のか、どう「責任」をとるのか、全く不明です。

その「代表者」はとてつもなく「軽い」人なので、軽々な発言や態度が多く見られるのですが、上記のような発言にまで至ってしまっては、もはや「遊び」では済まされないと思うのです。

ある人が、その「代表」へのアドバイスとして「臨床心理士の資格を取った方がいい」旨言っていたのですが、その「代表」は、「臨床心理士の資格は私には敷居が高い」旨、返答していました。
なので、本人曰く「見切り発車」でことを始めた、とのことです。

本当に適切な対応を取りたければ、少なくとも臨床心理士か、今なら公認心理師の資格を取るのが筋だと思います。
しかしその「代表」は、大学の4年間+大学院の2年間という期間、専門を学ぶことを拒否しているのです。
もしかしたら、大学受験に合格できる自信がないのかもしれません。

そんな「怠惰」な態度で、そのような「仕事」が務まるのか、甚だ疑問です。
そして自己の承認欲求をすぐさまにでも満たしたいのでしょう。
それがこのような拙速な行動に駆り立てたのだと思います。

その「代表」は、本当のところは「臨床心理士になりたい!」「公認心理師になりたい!」できることなら「精神科医になりたい!」と猛烈に思っているのだと思います。
何より「権威」が大好きな人ですから。

しかし、その「代表」にとって、それらの資格を取ることは、あらゆる角度からみて不可能なのでしょう。
ですので、ついに専門的に何も学ばず、そのような蛮行に出てしまったのだと思います。
「アート」なら、資格は要らないですからね。

そしてこれも前に書きましたが、この集団は「新しいこと」を行うことが「目的」のように見えます。

もしその「代表」が、臨床心理士にも公認心理師にも精神科医にもなりたいとは思っていなかったような場合、その時こそ、この集団が、何より「新しいこと」を行うということが「目的」であることがより一層明確になるかと思われます。

また、この「代表」は、「お金がない」とか「事務所を借りることができない」とか、色々と言っていました。
これも本当にもう、あらゆる角度からどうしようもない発言だと思います。

長くなりすぎるので詳しくは書きませんが、この人は本当に超甘ったれ体質の極みのような人なのです。
「I AM I」がこの人の「モットー」らしいのですが、この人には最初の「I」も最後の「I」も存在しないように思われます。
見てくれを飾ることだけしかしない、できない人なのだと強く感じます。
ネットの文字面だけではなく、実際に話してみて、そのことを猛烈に痛感しました。

・・・と、またもや長々と書いてきましたが、そんな「見切り発車」でこのような分野に入ろうとしてはいけないと強く思います。
承認欲求は他のことで充足してくれ、と強く強く思います。

**************

ということで、今回も憤りを書き綴ってみました。

我らは今からお風呂に浸かりまくって、その後、ベースとギターの練習を再開しようと思います!
今回の曲は難関なので、しっかり頑張りますよー!!


それでは、一旦じゃーね!
また来ます!